早稲田受験 早稲田入試に向けての12月

早稲田受験 早稲田入試に向けての最後の追い込み


久しぶりの更新ですが、もうすぐ12月ですね。
そろそろ早稲田入試の足音が聞こえてくる季節です。

焦りを感じる人が多いでしょうが、
この時期を焦って失敗すると合格が大きく後退してしまうんで、
今時分に足りないところを発見し、毎日やることを明確にして
早稲田受験までの計画をしっかり立てていきましょう。

後、1月になると
センター試験やら、願書の出願手続きやらで
何かとドタバタしてしまいがちなんで
この12月が知識の確認をしっかり出来る最後の時期でもあります

ですので、英語の単語や日本史世界史
古文単語や助動詞といった文法事項等の確認をしっかりしたい所です。

ちなみにこの時期だと通読する時間もかなり早くなっていたんで
この12月で日本史の教科書通読は2周以上はしてました

ここを読んでくれている早稲田受験生の方々も、やるべきことをしっかりと
見極めて、効率よい12月をすごして欲しいです。

byカズ
この記事へのコメント
こんばんわ(*^_^*)
現代文についての質問なのですが、問題を解く時に解答に絡みそうなキーワードや話の展開などを問題文にメモしているのですが、二回、三回とやっていると書いてあるメモがかなりヒントになり、さらにメモが増え答えがすんなり出てしまうのですがこのまま続けて大丈夫でしょうか?それとも問題を解く時は必ず問題文をコピーするなりした方がいいんでしょうか。
現代文の復習の意味は答えを出すための頭の働かせ方のようなものを確認する作業だと思うのですが、 みなさんどうしてましたか?
Posted by いっちー at 2006年12月10日 02:55
商学部の世界史論述対策をしようと思うのですが、どのような対策を取ればいいでしょうか? 手元にはZ会の世界史論述のトレーニングがあります。 解答例も複数示されて採点ポイントなども載っているのですが。 宅浪なので添削という形はなかなか難しいです(^_^;)
またもし商学部を受験したことがあるようでしたらどういう対策をしたのか教えてくれると嬉しいです。お願いしますm(_ _)m

Posted by いっちー at 2006年12月10日 11:48
>いっちーさん
世界史で、僕は論述対策をしてませんでした(^^;

ただ、論述というのは減点方式で採点されてると思うので、論述で聞かれてる単語を確実に盛り込んで、歴史的事実に即した文章を書けば大丈夫なはずです。

僕は論述対策はしてなかったですが、世界史で論述がたくさん出る慶応の経済学部にも受かることができたので、前に書いた世界史勉強法を基本にやれば合格できる力が付くと思います(^^)
Posted by ヒデ at 2006年12月12日 17:42
いっちーさんのおっしゃるとおり、現代文の復習は頭の働かせ方を学ぶことにあります。
メモが増えだすというのは繰り返し復習してると起こりうる現象ですね。
現代文は文章の構造を読み取れてるかが重要なんで復習時には文章の構造がどうなっているか、それを読み取るにはどういうところに着目すればいいかなどを考えて復習をするといいと思います。
Posted by カズ at 2006年12月16日 00:56
お返事ありがとうございます^^
ヒデさん< 引き続き日頃の勉強を進めつつ必要な重要事項をまとめる練習をやってみます。

カズさん<文章の構造がわかるよう何度も復習してみます!あとは過去問のパターンを意識して頑張ります。
Posted by いっちー at 2006年12月18日 08:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Sponsored link

太陽光発電 電気代
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。